就職活動

おすすめ記事

新卒一括採用について思うこと

私自身、タイミングに恵まれたためか就職活動に苦労をした記憶がありません。 むし…

詳細を確認する

障害者雇用枠という求人について

「障害者雇用枠」という求人があり、このことをを知ってもらいたいので紹介します。 …

詳細を確認する

液晶テレビを取り付ける派遣アルバイト

自分は、液晶テレビが全盛期だった頃、「家電量販店に、新しくディスプレイ用のテレビ…

詳細を確認する

アルバイトスタッフの扱い方について

最近はアルバイトを雇用するに当たっても、売り手市場ということもあって、かなり強気…

詳細を確認する

日本女性の非正規雇用と働き方

どうせ梅田でアルバイトをするなら、高収入なところがいいですよね。梅田にはいろんなジャンルのアルバイトがあります。そのなかから高収入なアルバイトを見つけるのはなかなか難しいと思います。そんなときは梅田の高収入アルバイトが掲載されているサイトを活用しましょう。ここなら効率よく梅田の高収入なアルバイトを探すことができますよ。

やりがいがあり、毎日充実している工場の正社員として働いてみませんか!

日本の非正規雇用率は約4割と2015年に発表されましたが、それは男女混合したお話。これを女性だけで絞ってみると、働く半数以上の女性が非正規雇用という結果になっています。
女性は20代後半を頂点に非正規雇用の割合が大きくなっていきます。この結果は寿退社などにより、会社を退職する女性が多いことを示していることが分かります。その後、子供を持つ主婦は託児所を探すのも一苦労ですから、自然と時間に融通の利く派遣社員やパートといった非正規雇用を選ばざるを得ないことが、女性の非正規雇用率の高さの要因でしょう。
特殊な技術や資格を持っていたり、有名企業の総合職としてキャリアを積んでいる女性ならば、出産後の職場復帰や転職もしやすいかもしれません。しかし、シングルマザーや特殊な技術を持たない女性の出産後の職場復帰や転職は、相当な努力と忍耐が必要になります。
正社員を希望し、新たな技術やスキルを獲得しようとしても、協力者がいなければ家事や育児の一人で行うしかなく、シングルマザーや核家族化した日本の主婦には大変厳しい現実が待っています。
少子高齢化が急速に進む日本において、こうした女性たちの力を十分に発揮してもらう働き方の模索が、求められています。

良い正社員求人だと考える条件

良い正社員求人の条件と考えているのは、仕事内容が細かく書かれている点です。業種や職種が掲載されていれば、大体の仕事内容はわかります。しかし、未経験の業種や職種の場合は、細かい部分までの仕事内容がわかりません。掲載していないのであれば、自分で調べるしかありません。掲載していれば、調べる時間が不要になるため、その分の時間を求人探しや就職、転職活動に利用できます。
また、待遇面をきちんと掲載していることも良い正社員求人の一つです。毎月の給料やボーナス、昇給や昇格、転勤の有無といった待遇面は、働く上で重要な部分です。待遇面がきちんと掲載されていれば、採用になった時の自分の生活を想像できます。
仕事内容や待遇の他には、従業員数や男女の人数、社風といった情報が掲載されている正社員求人も魅力的です。これらの情報は、仕事内容や待遇面がメインだとすれば、サブの位置付けとなります。ですから、正社員求人の中で絶対に注意すべき点とは言えません。しかし、求人の情報は、少ないよりも多い方が応募の判断を行いやすくなります。良い求人は人気があるため、競争率が激しいです。ですから、発見した際は早めに応募することが採用に結び付きます。

正社員の確保の難しさ

今は完全に就職戦線は売り手市場です。新入社員の優秀な大学生を確保するのは非常に厳しい状況です。
もちろん、人気のある企業、人気のある業界には集まるわけですが、いかに大企業であっても将来的に厳しいといわれているところや待遇にそれなりのメリットがあるところでも同じことが言われています。
私も知り合いに採用担当が何人もいますが、かなり努力はしています。
内定を出した後の引止めがとにかく厳しいようです。内定の辞退を防ぐための方策にもかなりの投資をしているわけです。
たとえば、単なる先輩社員たちとの交流会だけではなく、企業が目指す姿や未来の開発商品を少しでもみせることで未来を感じさせることにより、引き止めるといったことです。こうしたことが非常に重要な活動になっているわけです。しかし、どんな企業も同じように引き止め策を展開している以上、そう簡単にうまくいくわけもありません。
一般的なリクルートのランキングをあげて、就職活動前の学生の関心を引くこと、そして実際に社員が生き生き働いておるところを実感させること、そして将来性もあることを学生のうちに体験させることなどさまざまなことを通して、学生たちを確保していく必要が出てきています。
仕事を求める求職側も人材を確保する採用側も、双方が相当の努力を行っているのです。