就職活動

液晶テレビを取り付ける派遣アルバイト

自分は、液晶テレビが全盛期だった頃、「家電量販店に、新しくディスプレイ用のテレビを取り付ける。」という派遣のアルバイトをしたことがあります。
給料の支払は、末日締め翌末日締めという下手をすれば、2ヶ月ほど待たされるのが印象的でしたが、比較的体力も使わず、そして客商売ではない裏方の仕事だったので、気が楽だったのを今でも覚えています。
まずは朝7時に支社へ集合。そこから、社員と派遣でチームに別れ、車に乗り、テレビを取り付ける家電量販店へ向かいます。大体3つの店を回って終わるので、本当に気軽なお仕事でした。
まず、一軒目のお店のセッティングが終われば、お昼ごはん。フードコートだったり、食堂だったり、時には、おごってくれたりと、かなり優遇してくれた。
仕事の内容は、本当に楽で、テレビを傷つけないように、お店の定位置まで持って行き、配線をつなげる。ただこれだけです。
引っ越しのアルバイトに比べたら、運ぶものも「60型の液晶テレビ」とたかが知れている大きさです。
あとは、バックヤードへ行き、ダンボールや出てきたヒモなどを捨てる作業。ダンボールを潰す作業は、結構汗をかきますが、今でも覚えていて、唯一やってみたい仕事の一つである。
唯一、自分が引け目に感じたのは、「これって、本当に誰でもできる仕事なんだな」ということ。自分だけしか出来ない仕事を見つけられたら、お金の面で多少苦労しても、自己肯定感が保てることができ、幸せなのではないかと思います。

おすすめ記事

新卒一括採用について思うこと

私自身、タイミングに恵まれたためか就職活動に苦労をした記憶がありません。 むし…

詳細を確認する

障害者雇用枠という求人について

「障害者雇用枠」という求人があり、このことをを知ってもらいたいので紹介します。 …

詳細を確認する

液晶テレビを取り付ける派遣アルバイト

自分は、液晶テレビが全盛期だった頃、「家電量販店に、新しくディスプレイ用のテレビ…

詳細を確認する

アルバイトスタッフの扱い方について

最近はアルバイトを雇用するに当たっても、売り手市場ということもあって、かなり強気…

詳細を確認する