就職活動

アルバイトスタッフの扱い方について

最近はアルバイトを雇用するに当たっても、売り手市場ということもあって、かなり強気な感覚を受けます。
面談を受ける前にまずは時給を確認してからになりますが、それもかなり高いことが前提。さらに面談の時には何か特典が無いのか、昇給はあるのか、さらには休みの取り方についてまで、初対面にもかかわらず確認を行うことが前提になっています。
もちろん、こちらもすべて答えますが、その条件次第ではまったく応募しても集まりません。中には正社員になればいいのにと思うくらいのスキルの高い方もいるのでしょうが、せっかくであれば、アルバイトという立場でしっかり勉強して次へのステップアップを狙うくらいの気持ちで頑張ってほしいものです。

実際のところ、学生などは自分自身が大学を卒業して就職する前の経験として、いろいろなことをやりたい、または家計の足しのために少しでも働きたいというしっかりした意見を持った方もいることは確かです。
雇用する側としては、きちんとアルバイトとしてのミッションを果たしてくれればいいのですが、やはり面談のときにきちんと人となりを確認したうえで雇用します。いい加減な気持ちでの面談は出来ればさけてもらいたいと思います。

おすすめ記事

新卒一括採用について思うこと

私自身、タイミングに恵まれたためか就職活動に苦労をした記憶がありません。 むし…

詳細を確認する

障害者雇用枠という求人について

「障害者雇用枠」という求人があり、このことをを知ってもらいたいので紹介します。 …

詳細を確認する

液晶テレビを取り付ける派遣アルバイト

自分は、液晶テレビが全盛期だった頃、「家電量販店に、新しくディスプレイ用のテレビ…

詳細を確認する

アルバイトスタッフの扱い方について

最近はアルバイトを雇用するに当たっても、売り手市場ということもあって、かなり強気…

詳細を確認する